新型コロナウイルスによる世の中の変化を敏感に察知し、お客さまが必要とするアイテムをタイムリーにお届け「生活口コミメディア担当者インタビュー」

こんにちは。BIGLOBE Style 編集部の吉田(朋)です。昨今の環境の変化で、自宅での勤務体制を整えたり、おうち時間を楽しんだりといったアイテムのニーズが急増しました。今回は、お客様が必要とするアイテムをタイムリーにお届けするWEBメディア担当者へ話を聞いてみました。

 

f:id:yoshitomotomo:20200707233045p:plain

吉田 綾(よしだ あや)

法人事業本部 企画1部 主任
NECに入社後、公共システムのSEとして従事。入社3年目に、社内人材公募でBIGLOBEへ異動し接続サービスの競合調査や営業に携わる。その後、カスタマーサービス部門でAIチャットボットなど新サービスの企画担当を経て、現在はメディア系の企画を担当。

 

  

生活口コミメディアについて

 

─── 自ら手を挙げて現在の部署へ異動したと伺っていますが、どのようなお仕事をされているのでしょうか。

 

お客さまに近いところで、一からサービスを企画する仕事がしたいという思いから1年半ほど前にメディア系の部署へ異動しました。現在以下4つの生活口コミメディアを企画・運営していますが、その中で私が担当するのは、インテリア・雑貨「わたしと、暮らし。」と、ファッション「キテミヨ-kitemiyo-」のキッズジャンルです。リリース後、どんどん口コミが集まってきています。 

 

本当に喜ばれるプレゼントを贈ろう!ギフト専門口コミサイト
「ocruyo-オクルヨー」
あなたの求める温泉宿が見つかる!温泉宿専門Q&Aサイト
「お湯たび」 
お気に入りに囲まれた暮らしで、日々を楽しもう♪みんなで育てるインテリア・雑貨ランキングサイト
「わたしと、暮らし。」 
ファッション選びで困ったときはみんなに聞いてみよう!みんなで選ぶファッションQ&Aサイト
「キテミヨ-kitemiyo-」 

 

キテミヨ-kitemiyo-

ファッション専門口コミサイト「キテミヨ-kitemiyo-」
2020年6月23日に新たにキッズジャンルをリリース。
様々なシーンに合ったファッションアイテムを、お客さまの口コミをもとにランキング形式でご紹介しています。

 

───  生活口コミメディアの特徴を教えてください。

 

本メディアは「より簡単に満足のいくアイテムを見つけられるサイト」がコンセプトです。特徴としては、いろいろなジャンルに特化した複数のサイトがあること。また、お客さまが投稿した数ある口コミから検索条件をカスタマイズしてランキング形式で商品を探せることです。

例えば「ocruyo-オクルヨ-」では、贈る相手と年代でプレゼントを絞り込み、お相手に合ったアイテムをランキング形式で見つけることができるため、本当に喜ばれるプレゼントを選ぶことができます。

 

Ocruyo

ギフト専門口コミサイト「ocruyo-オクルヨ-」
贈る相手、年代、イベント、予算をカスタマイズして検索することができます。

 

いろいろなアイテムを、ライターが記事にしたり、インフルエンサーがおすすめしたりといったメディアは他にもたくさんあると思いますが、お客さまによるQ&Aのコンテンツで、かつランキング形式で商品を紹介しているメディアはBIGLOBEならではと言えるのではないでしょうか。

 

わたしと、暮らし。

インテリア・雑貨「わたしと、暮らし。」のランキング画面。

 

───  どのような経緯で誕生したサービスなのですか?

 

新しいサービスのアイデア出しをする中で、既存口コミサービスのノウハウや、お客様の需要などを含め検討しました。そこで、いろいろなジャンルに特化したサイトを展開すれば、さらに規模を拡大できるのでは、と考えたのが始まりです。なぜジャンルに特化するかというと、そうすることで一貫性がある良質なサイトとみなされSEO的に評価が高くなり、検索結果に表示される順位があがります。その結果、検索流入数を伸ばすことができるからです。

そのような経緯でプロジェクトを立ち上げ、当時のチームメンバー3人でそれぞれのサイトを担当することにしました。
まず、第1弾として2018年12月に「ocruyo-オクルヨ-」を、第2弾として2019年4月に「お湯たび」をリリース。そして順調に媒体力が伸びていく中で第3弾の話が持ち上がり、私の好きなインテリア・雑貨をテーマにしたいと提案し、2019年7月に「わたしと、暮らし。」のリリースが実現しました。

当初は異動したばかりでしたので、前述のようなSEOに関する知識をはじめ、Webサービスの企画とは具体的にどんなことをするのか、媒体力を向上させるにはどんな施策が必要なのかなど、勉強しながら試行錯誤の毎日でしたね(笑)

ジャンル毎に分担してすすめてはいますが、個々で運営するということではありません。例えば、口コミメディアでは、お客さまからの質問に対して回答(口コミ)があることが大事なので、いかにお客さまにモチベーション高く口コミしていただけるか、そのためにはどんなキャンペーンをしたら口コミを投稿いただくお客様にとっても魅力的に思っていただけるのかを考えて取り組んでいます。そして、それぞれのサイトで施策を実施し、効果が出たら他のジャンルに横展開する。そのように、効率的に媒体力を伸ばしていけるようチームプレーを心がけています。

 

新型コロナウイルスによる世の中のニーズを敏感に察知

───  昨今の世の中の変化によるニーズをスピーディーに取り入れた結果、社内表彰「MVP賞」を受賞しましたね!

 

MVP賞
MVP賞を受賞「年間損益目標の達成、および3月における過去最高の売上を達成」

 

それまでは、イベントやシーズナルな商品がメインでした。ですが、2月の後半あたりから新型コロナウイルスによると思われる変化の兆しがあったので、世の中はどう変わっていくだろうか、私たちにできることは何だろうかと、自分自身が置かれている状況とも照らし合わせた上で、今後必要になるであろうマスクやテレワークに関するアイテムをスピーディーに取り入れることにしました。

口コミを必要としているお客さまがいらっしゃるというのが大前提なので、この状況下でのお客さまのニーズをとことん考え抜き、編集部として質問を作って投稿し、口コミを集めることに没頭しました。とても地道ですが、お客さまへタイムリーな情報をお届けするために必要な作業だったと思います。

 

Ocruyo質問編集部

このように、お客様のニーズを考え、編集部として質問を掲載することもあります。

 

今回MVP賞をいただけたのは、そのように世の中の動きやお客さまのニーズを敏感に捉えて、お客さまが欲しいものを、欲しいと思う前に推測してスピーディーにサイトに取り入れることを意識した結果だと思います。

また、世の中の状況が日々変化するのと同様で、お客さまのニーズもさまざまです。例えば「おうち時間」のアイテムでも、お子さまのいる家庭、一人暮らしをされている方など、シチュエーションで必要とするものは異なってきます。だからこそ、チームメンバーの多様性や今まで培ってきたノウハウを活かしてそれぞれ意見を出しあうことがとても有意義なものとなります。そして、意見をぶつけ合いながら、これでいこう!と思ったものにトライしてみる、という体制も良かったのかなと思います。

 

今後の目標

 

───  今後の目標を教えてください。

 

今後も時代に合わせお客さまのニーズを探って新しいジャンルのサービスを提供していきたいと思っています。そして、今は、こういったものが欲しいなと思ったとき、いろいろなサイトから結果として当口コミメディアにたどり着いていただけていると思うのですが、目指しているのは、直接BIGLOBEの口コミサービスを指名していただけるようになることです。

誕生日プレゼントを探しているけど何かいいだろうと思ったときは「ocruyo」に、インテリアで迷ったら「わたしと、暮らし。」に、といったように、直接当サイトに来て調べていただく。そんなメディアを目指しています。

そのためにはお客さまが欲しいコンテンツがあるだけではなく、ちょっと空いた隙間時間に覗いてみたくなったり、思いがけない面白いコンテンツがあったりと、お客さまにとって魅力のあるコンテンツを追及、提供し続けていくことが大切だと思っています。

 

サービス企画という仕事

 

───  最後に、ズバリお聞きしたいのですが、サービスの企画って楽しいですか?

 

まさに一喜一憂です。新しい企画を決めるまでの過程では頭を抱えることもありますが、こうやっていこう!と進む方向が決まった時はワクワクして楽しいです。また、これはいい施策だなと思ってトライしても、思うような結果が出なかった場合は何が足りなかったんだろうと、落ち込むこともあります。ですが、自分が思うような結果が出た時は純粋に嬉しいですし、そういった成功体験もできるので、刺激もありつつ、とてもやりがいを感じることのできる仕事だと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※記載されている商品名は各社の登録商標または商標です。

 

↓↓↓ BIGLOBE採用情報はこちら ↓↓↓

 

hrmos.co

hrmos.co